グレディア

GREDEER(グレディア)はGreat Dearから名前がつけられた、バンビが贈る日々深まる逸品。 裁断、組み立て、縫製に至るまで、全てが日本国内で行われており、現在4シリーズ展開しております。

“クロコダイル”
本物だけが持つ、優美なる風格
美しく並べられた符はマットでしなやかに。思わず指でなぞりたくなるような優しい趣と迫力の柄と深みのある色合いが特徴です。
厳選されたクロコダイルの一枚革を贅沢に使用しているため、そのためつなぎ目の無い美しいワニの符が愉しめます。

“アドバンティック仕上げ”
唯一無二の育てる愉しみ
アンティーク家具のような独特の色ムラ。あえて落とすことで生まれ変わる表情。
アドバンティック仕上げとは、牛革に一旦塗装を行い、その後さらに濃い色の塗装を軽く重ねた上でバフ掛けをほどこし、上層の濃い色を部分的に落とすことで、革に「色ムラ」を生み出す仕上げのことをいいます。
この「色ムラ」を出す工程が、職人に勘とセンスを要するため重要な工程です。 使用していると上部の塗装が取れて、下部の塗装が見えてきます。

“水染めコードバン”
美しい革のダイヤモンド
コードバンとは一頭から採取できる量がごくわずかな馬の尻の表皮の下層部分を指します。繊維構造が緻密で強度の高い上質素材として珍重されており、その希少性は「革のダイヤモンド」とも例えられています。
グレディアのコードバンは綺麗な艶感が出る「水染め」の技法を用いています。
独特な透明感と美しいムラ感が特徴。一枚一枚染め上がりが異なり、革本来の味わいを愉しめる自然な仕上がりになっています。誰もが思わず美しいと感じる、魅力あふれる風合いです。

“松阪レザー”
ここにしかない、日本の銘柄牛革の最高傑作
つやっとした表面の滑らかさ。手触りの良いしっかりとした質感。
「松阪牛の革なんて聞いたことない」と思う方も多いはずです。それもそのはず、松阪レザーは、油分を多く含んでいるため加工が難しく、限られた製革所でしか作り上げることが出来ないため、世の中に出回っていないのが現状です。
この革は、使えば使う程生まれる艶、良質な油分からくる独特な柔らかさを持ち合わせているため、味わい深い気品を感じさせます。日本で生まれた、銘柄牛革の最高傑作をどうぞお楽しみ下さい。

ラインナップLINEUP

トピックスTOPICS

arrow_drop_up