時計ベルトの交換方法

ベルトの選び方

時計ベルトの巾は時計の足の内側の巾です。

使用する工具

I型ベルト交換方法(ケースサイドに穴のある場合)

工具のI型部分を使用します。

STEP1

時計のケースサイドに穴のある場合、穴にバネ棒はずし(I型)を差し込みます。

STEP2

下に押し込むとバネ棒が外れます。

STEP3

同じ方法で逆側も外して下さい。

STEP4

バネ棒を新しいベルトにセットして下の穴に差し込みます。

STEP5

バネ棒はずし(I型)でバネ棒の先端を押しさげ上の穴に入れます。完全に取付け出来たかベルトを引っ張って確認し、取り付け完了です。

動画で見る

Y型ベルト交換方法(ケースサイドに穴のない場合)

工具のY型部分を使用します。

STEP1

時計のケースサイドに穴のない場合、時計とベルトの間にバネ棒はずし(Y型)を差し込みます。

STEP2

下に押し込むとバネ棒が外れます。

STEP3

同じ方法で逆側も外して下さい。

STEP4

バネ棒を新しいベルトにセットして下の穴に差し込みます。

STEP5

バネ棒はずし(Y型)でバネ棒の先端を押しさげ上の穴に入れます。完全に取付け出来たかベルトを引っ張って確認し、取り付け完了です。

動画で見る

クイックレバー交換方法

時計にクイックレバータイプのベルトを取り付ける方法です。

STEP1

時計を裏返しにします。
※時計はあらかじめベルトとバネ棒を外しておきます。

STEP2

時計の下側の穴にバネ棒を入れます。

STEP3

レバーを下に引くとバネ棒が縮みますので、時計の上側の穴に入れます。

STEP4

引っ張ってしっかり装着されているか確認してください。

STEP5

同様に反対側も取り付けて完成です。

レザーバックル取付方法

革ベルトにレザーバックルを取り付ける方法です。

STEP1

ベルトにバックルを用いることで、着脱が簡単にでき、小穴を傷めないでベルトを美しく保ちます。

STEP2

取り付けるベルトの美錠を外します。
革ベルトの交換方法と同じやり方で取り外し可能です。

STEP3

付属のバネ棒でバックルを取り付けます。

STEP4

バックルのツク棒を、小穴に差し込みます。

STEP5

閉じます。

STEP6

親側と剣先側を時計に取り付ければ完了です。時計に取り付ける際には通常と異なり、12時側に剣先、6時側に親が来るように取り付けます。余った剣先は遊革・定革に差し込みます。
バックル商品ページへ

フィットパーツ付ベルト交換方法

STEP1

時計ケースの足の間の幅が、ベルトについているパーツと違う場合は、ピンを工具の先端で押し出してから抜き取り、ベルト本体からパーツを取りはずします。

STEP2

ケースの幅に合うパーツを選びます。

STEP3

バネ棒をフィットパーツに通し、フィットパーツをベルト本体にはめ込みます。(1)ではずしたピンをベルト側面の穴へ押し込みます。

STEP4

工具を使い、バネ棒を時計のケース穴に差し込みベルトを取り付けます。

STEP5

完全に取付け出来たかベルトを引っ張って確認し、取り付け完了です。

STEP6

フィットパーツの幅は14、16、18、20㎜幅です。時計ケースの幅が13、15、17、19などの場合は、大きめのパーツをナイフなどで削って使用します。

B-X取付方法

STEP1

時計ケースの足の間の幅が、マルチアダプターについているフィットパーツと違う場合は、ピンを工具の先端で押し出してから抜き取り、パーツを取りはずします。

STEP2

ケースの幅に合うパーツを選びます。

STEP3

フィットパーツをマルチアダプターにはめ込み、バネ棒をフィットパーツに通します。

STEP4

工具を使い、バネ棒を時計のケース穴に差し込みマルチアダプターを取り付けます。

STEP5

完全に取付け出来たかパーツを引っ張って確認して下さい。

STEP6

上側のベルトに時計を通します。

STEP7

時計はマジックテープの下まで通します。

STEP8

凸型のバックルを取り外します。(矢印の部分を押すと外れます)

STEP9

凸型のバックルを12時側に通します。腕のサイズに合うよう調節して下さい。

STEP10

完成。

STEP11

フィットパーツの幅は14、16、18、20㎜幅です。時計ケースの幅が13、15、17、19などの場合は、大きめのパーツをナイフなどで削って使用します。

堤紐の使い方

懐中時計と堤紐を繋げます。

STEP1

STEP2

STEP3

アレンジ1

根付

アレンジ2

キーホルダー

アレンジ2 アップ

キーホルダー

使用例

堤鎖の使い方

            

懐中時計と提鎖を繋げます。

アレンジ

キーホルダー

使用例1

使用例2

使用例3

使用例4

使用例5

使用例6

提鎖について

チョッキの前ボタンに提げ時計用鎖の引き輪部分を掛けて、その片方に懐中時計を付けてポケットに入れるスタイルを「片提げ」といいます。
今ではチョッキを着る機会が少なくなったため、提げ時計用鎖をズボンに使用する時は、引き輪をベルトを通す「ベルト通し」に掛けて使われます。
ちなみに、片提げ鎖の引き輪側に短い鎖がついていて、その先端には小さな引き輪が付いていますが、この用途は自分の家紋や勲章などを受賞した際の略章などをメダルにして提げたものです。

ウォッシャブルベルトの洗い方

ウォッシャブルベルト(BCA060)は通常の革ベルトに比べて色落ちしにくいことが特長ですが、天然皮革の特性上、多少の色落ち・変色をする場合がございますのでご了承ください。

           

用意するもの

①洗面器、②バネ棒外し(パッケージ同梱の取替え工具)、③中性洗剤、④タオル
※洗剤を使う場合は、必ず中性洗剤をご使用ください。

STEP1

ベルトを時計から外します。
ベルトを洗う際は、時計から外すことをお勧め致します。バネ棒も外して無くさないように保管してください。
※取り外し方法はこのページ上部の革ベルトの交換方法をご参照ください。
※時計を外さない場合は時計が水に濡れないようしっかりと保護してから洗ってください。

STEP2

洗面器に水(30℃以下)を入れ、必要に応じて適量の中性洗剤※(台所洗剤等)を溶かします。

STEP3

ベルトを浸して優しく押し洗いしてください。そのあと水を替え、泡が立たなくなるまですすぎます。
※アルカリ性や酸性の洗剤、漂白剤、アルコール消毒液等を使用すると強く色落ちする可能性がありますのでご注意ください。

STEP4

洗い終えたら、形を整えながら水を切り、タオルでハンドプレスして水分を十分に拭き取ります。

STEP5

風通しの良い日陰で自然乾燥させてください。ドライヤーやアイロン等は使用しないでください。

STEP6

ベルトが乾いたら時計に取り付けて完成です。
※取り付け方法はこのページ上部の革ベルトの交換方法をご参照ください。

動画で見る

トピックスTOPICS

arrow_drop_up