時計ベルトの交換方法

ベルトの選び方

時計ベルトの巾は時計の足の内側の巾です。

使用する工具

I型ベルト交換方法(ケースサイドに穴のある場合)

工具のI型部分を使用します。

STEP1

時計のケースサイドに穴のある場合、穴にバネ棒はずし(I型)を差し込みます。

STEP2

下に押し込むとバネ棒が外れます。

STEP3

同じ方法で逆側も外して下さい。

STEP4

バネ棒を新しいベルトにセットして下の穴に差し込みます。

STEP5

バネ棒はずし(I型)でバネ棒の先端を押しさげ上の穴に入れます。完全に取付け出来たかベルトを引っ張って確認し、取り付け完了です。

動画で見る

Y型ベルト交換方法(ケースサイドに穴のない場合)

工具のY型部分を使用します。

STEP1

時計のケースサイドに穴のない場合、時計とベルトの間にバネ棒はずし(Y型)を差し込みます。

STEP2

下に押し込むとバネ棒が外れます。

STEP3

同じ方法で逆側も外して下さい。

STEP4

バネ棒を新しいベルトにセットして下の穴に差し込みます。

STEP5

バネ棒はずし(Y型)でバネ棒の先端を押しさげ上の穴に入れます。完全に取付け出来たかベルトを引っ張って確認し、取り付け完了です。

動画で見る

レザーバックル取付方法

革ベルトにレザーバックルを取り付ける方法です。

STEP1

ベルトにバックルを用いることで、着脱が簡単にでき、小穴を傷めないでベルトを美しく保ちます。

STEP2

取り付けるベルトの美錠を外します。
革ベルトの交換方法と同じやり方で取り外し可能です。

STEP3

付属のバネ棒でバックルを取り付けます。

STEP4

バックルのツク棒を、小穴に差し込みます。

STEP5

閉じます。

STEP6

親側と剣先側を時計に取り付ければ完了です。時計に取り付ける際には通常と異なり、12時側に剣先、6時側に親が来るように取り付けます。余った剣先は遊革・定革に差し込みます。
バックル商品ページへ

フィットパーツ付ベルト交換方法

STEP1

時計ケースの足の間の幅が、ベルトについているパーツと違う場合は、ピンを工具の先端で押し出してから抜き取り、ベルト本体からパーツを取りはずします。

STEP2

ケースの幅に合うパーツを選びます。

STEP3

バネ棒をフィットパーツに通し、フィットパーツをベルト本体にはめ込みます。(1)ではずしたピンをベルト側面の穴へ押し込みます。

STEP4

工具を使い、バネ棒を時計のケース穴に差し込みベルトを取り付けます。

STEP5

完全に取付け出来たかベルトを引っ張って確認し、取り付け完了です。

STEP6

フィットパーツの幅は14、16、18、20㎜幅です。時計ケースの幅が13、15、17、19などの場合は、大きめのパーツをナイフなどで削って使用します。

B-X取付方法

STEP1

時計ケースの足の間の幅が、マルチアダプターについているフィットパーツと違う場合は、ピンを工具の先端で押し出してから抜き取り、パーツを取りはずします。

STEP2

ケースの幅に合うパーツを選びます。

STEP3

フィットパーツをマルチアダプターにはめ込み、バネ棒をフィットパーツに通します。

STEP4

工具を使い、バネ棒を時計のケース穴に差し込みマルチアダプターを取り付けます。

STEP5

完全に取付け出来たかパーツを引っ張って確認して下さい。

STEP6

上側のベルトに時計を通します。

STEP7

時計はマジックテープの下まで通します。

STEP8

凸型のバックルを取り外します。(矢印の部分を押すと外れます)

STEP9

凸型のバックルを12時側に通します。腕のサイズに合うよう調節して下さい。

STEP10

完成。

STEP11

フィットパーツの幅は14、16、18、20㎜幅です。時計ケースの幅が13、15、17、19などの場合は、大きめのパーツをナイフなどで削って使用します。

トピックスTOPICS

arrow_drop_up